職場見学ではスタッフの表情をチェックしよう。

介護業界へ転職をする際には、できるだけ職場見学に行き、自分の目でその職場を見ることが大切です。将来自分が勤務をするかもしれない施設ですから、働いて良かったと思える施設なのかどうか、リアルな雰囲気を確認しておくようにしましょう。

施設で職場見学をする場合は、勤務をしているスタッフをじっくり観察することです。多くの職員が働いている中で、コミュニケーションは良好であるか、スタッフたちの表情にも注目をしてみてください。仕事内容や一日のスケジュールが忙しすぎたり、心身に余裕がないと人は表情に現れます。また、人間関係にもその様子が反映されるので、スタッフの観察は大事です。スタッフ同士の会話が極端に少ないとか、笑顔がないのは職場として考えものかもしれません。職場ではコンプライアンスを守ることは前提ですが、閉鎖的な組織の中では、最良の介護を提供することは難しくなります。そのため、介護の仕事を気持ちよく行えるかどうかは、介護の質にもつながってしまうのです。

良好な介護施設では、スタッフがみんなで温かみのあるケアをするために情報共有はしっかりと行われます。また、声掛けもスムーズにできるようにな雰囲気が生まれています。介護施設のスタッフが笑顔でいると、利用者さんも自然と笑顔になり、コミュニケーションもしっかり取れるので、転職時にはそのような施設を選ぶことがポイントです。職場環境が良いと、多少仕事がハードであっても苦にならなくなるので、ぜひ職場見学ではスタッフの様子をじっくり見るようにしましょう。