介護業界への転職を成功に導くポイント

一言で介護業界といっても、たくさんの種類があります。また、介護職員初任者研修の修了や介護福祉士など資格がないとできない仕事もあります。しかし、介護業界に転職をしようと考えている人の中には、資格を有していない方もいると思うので、仕事選びは慎重にしなければなりません。

たとえば、訪問介護の場合は資格がないと仕事をすることができないため、無資格の場合は資格がなくても働ける介護施設を選ぶ必要があります。そうすれば、洗濯やシーツ交換、備品の管理といった雑務をこなしながら介護の仕事内容を間近に見ることができるので、介護職が自分に合っている仕事かどうかも確認することができます。

また、介護施設にはいろいろな形態があります。老人ホームのような入所型の場合は24時間の介護が必要となるため、夜勤ができるかどうかも考えなければなりません。さらに、デイサービスのみを行う通所型は、介護士が朝夕の送迎も行わなけばいけない場合が多いので、運転に慣れていない人は面接時に確認をしたほうが良いでしょう。

介護施設では、求職者向けの見学会や仕事体験会を行っているところもあります。まずは介護の仕事を目で見て体験してみることによって、実際に就職したときのイメージが持ちやすく、就職してからの離職を防ぐことにも役立ちます。また、介護の仕事や資格についてのセミナーも盛んに行われているようです。セミナーでは、仕事内容だけではなく、認知症や介護が必要な方の症状についての講演もあるので、介護の必要性を実感することができるでしょう。介護業界へ転職をする場合は、<もう失敗しない!介護士の転職ノウハウ>のような情報サイトで事前に情報を集めたり、介護の仕事を体験したりして、いろいろな角度から判断することが転職を成功につながります。