働きやすい職場探しのコツ

転職先に介護施設を選ぶ場合、転職成功のコツは未経験者も経験者も同じようなポイントを抑える必要があります。まず一番大事なのは待遇面の詳細です。多くの介護施設が求人票には待遇を提示して募集を行いますが、優良な介護施設の場合は、より具体的な待遇を求人に明記している場合が多いようです。例えば、月の残業時間や福利厚生、昇給や賞与の有無などです。これらがきちんと書面にて提示されていれば後々のギャップで悩むことも少ないでしょう。

しかし、相場よりも高すぎる給与で募集を行っている施設に対しては注意したほうが良いかもしれません。高待遇で優秀な人財を純粋に求めている施設も存在しますが、そうでない場合は、かなりの仕事量だったり、残業が多い職場である場合もあるため、応募する前に一度理由を聞いておくことが肝心です。

また、募集先の介護施設を利用する方が笑顔で、施設全体が和やかな雰囲気かどうかも重要です。スタッフの人間関係の悪い介護施設の場合は、それに比例して入居者の表情にも曇りが見られます。したがって、介護業界に転職を考える際には、職場見学を行い良い施設を見極めることがポイントです。

介護業界は、超高齢化社会に向けて多くの施設が介護士にとって働きやすい職場を目指して日々努力をしていますが、すべての施設がそうであるとは限りません。ですから、転職時にはその判断が重要なのです。求人内容やあるいは施設の入居者、雰囲気などをじくり確認し、入社してからトラブルにならあないようにしておきましょう。